【星の王子さまネイル】原作挿絵風キツネを作りました!「できるまで」を紹介します。

「thelittlePrince(星の王子さま)」は1943年に発行されました。フランスの飛行士であり作家でもあるアントワーヌ・ド・サンテグジュペリが書いた童話です。

こんな素敵なお話を書いた人は、どんな方なんだろうと調べてみました。アントワーヌ・ド・サンテグジュペリは、フランスのリヨンで産まれ、幼い頃から飛行士に憧れます。21歳の時に飛行士の免許を取り、航空郵便会社に所属。第二次世界大戦では、偵察機に乗っています。彼の生きた経歴から空(航空)に情熱を持っていた事がわかりますね。そして、1944年に地中海戦線で消息不明になりました。

彼の飛行士としての体験談が「夜間飛行」や「星の王子さま」に繋がっているのだなと思います。

星の王子さまは、大人になればなるほど考えさせられる作品です。語りだしたら長くなってしまうので、今回は、ネイルが出来るまでで作成をした「キツネ」に焦点を絞りお話したいなと思います。

王子さまは色々な星を転々として、地球に辿り着きます。そこで、砂漠や火山や雪をふみわけて、キツネと出会いました。王子さまがキツネに「遊ばないかい?」と言うと、キツネは「あんたとは遊べない。飼い慣らされたくないんだから」と素っ気ない返事をします。

しかし、地球をあまり知らない王子さまは「飼い慣らすってどんなんだい?」と気にせず話を続けます。突き放していたキツネも、うまくいかないものだと、次第に王子さまに興味をもち「仲良くしておくれ」と言いました。

まだ、お話を読んだ事のない方もいらっしゃると思うので、キツネの言葉を全ては書きませんが、このキツネがまた深い事を言うのですよ。

突き放したけど仲良くなり、そして懐いてしまった。王子さまに「大切な物を気がつかせてあげる」発言をし、その先に、自分との別れがある事を知りながらも、背中をおしてあげるキツネの気持ちを考えると切なくなります。

王子さまの髪と同じ「金色の麦ばたけの色が自分にはあるからいい」と言ったキツネも、本当はすごく悲しかったのだと思います。だけど、これが本当の友情という物なのかも知れないなって。

しんみりしてしまった所で(笑)ネイルのコーナーに移りたいと思います。

原作挿絵風キツネネイル

キャラクターネイル・痛ネイルの材料は、すべてカラージェルを使います。発色をよくするため、ホワイトのジェルで事前にワンカラーを塗った所からスタートです。

1604011

キツネの大体のフォルムを描きます。使用したカラーはキャメルです。星も描きました。

1604012

ブラックのラインで外側のラインを描きます。足、耳、尻尾に特徴があったので、そこに気をつけながら描きました。お星さまもなぞりました。

1604013

トップコートを塗ったら完成です。

【星の王子さまネイル】キツネ

可愛いですね!

さいごに

以前作った「王子さまの薔薇」と「王子さま」を並べて写真に撮りました。こちらも、原作挿絵風で作ったものです。

【星の王子さまネイル】

心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないって事さ。かんじんなことは、目に見えないんだよ。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

※痛ネイルのまとめ記事を作りました。60キャラクターを紹介しています。よかったらこちらも覗いてみて下さいね。

痛ネイルとは、他人の視線を気にせず全力で楽しむものだ!【まとめ】

スポンサーリンク

シェアする