自宅で出来る!ウォーターマーブルネイル【セルフネイル】

セルフネイルを楽しむ方も増えてきましたね。ジェルが主流になり、自宅にマニキュアが余っている、という方もいるのではないでしょうか。せっかくなので有効活用しちゃいましょう!

今回は、マニキュアで出来るウォーターマーブルネイルの作り方をご紹介します。

ウォーターマーブルネイル

マーブル柄を書くのは大変ですが、お水を使うことで簡単に綺麗にマーブル柄を作る事ができます。
用意する物

紙コップ
マニキュア2~3本
爪楊枝
キッチンペーパー

まず、紙コップを半分に切って水をくみます。

15102901

陶器のコップでも使えますが、後片付けが大変なので紙コップを使っていきましょう。

今回、使用したのはこちら三色です。
バービーネイルポリッシュのリボンが可愛いですね。赤いポリッシュはOPI。3級検定試験で使ったものなのでシールが貼ってあります(笑)

同じ色だとボヤっとしてしまうので、濃いカラー、薄いカラー、差し色と選ぶことがポイントです。

お水を使うのでテーブル濡れてもよいようにキッチンペーパーをひきます。

マニキュアを垂らしていきます。

15102900

面白いのがマニキュアは水に浮くんですよ(^^)

15102902

自然に広がっていくので、続いて二色目を使います。中央に垂らしましょう。

15102903

交互に繰り返していくと、こんな感じに

このままだとユラユラして不安定です。続きの作業がやりにくいので、紙コップのふちに爪楊枝でくっつけていきましょう。

15102904

几帳面にやらなくても、数カ所張り付けば大丈夫です。

ここから模様を作っていきます。外側から内側に向けてスッスッと爪楊枝で引っ張ります。

15102905

15102906

出来ました。お花のようにもハートのようにも見えますね。
細かく模様を作っても可愛いいのですが、コツをつかむまでは大きめのデザオンがおすすめです。

ここだ、というポイントにに狙いを定め

爪をドボン!

15102907

写真を撮る関係でチップを使います。

爪をあげる前に、周りのいらない模様を爪楊枝で回収しましょう。

15102908

ああ、撮りながらで落としてしまった。

引き上げると、マーブル完成です!

15102909

手の場合は、爪の周りにもマニキュアがついているので、少し乾かしてからエタノールや徐行液で綺麗に落としましょう。

トップコートをかけたら完成です。1度に模様をつけるので、普通に塗るより乾きが早いです。

さいごに

ウォーターマーブルネイルは、まったく同じ模様ができることはなく、何度でも楽しめます。自宅にマニキュアが余ってるという方!是非挑戦してみて下さいね。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

※ジェルは性質上水分に弱いと言われており、過度の水分はカビの原因になる事もあります。必ずマニキュアで行って下さい。

スポンサーリンク

シェアする