ジェルネイルってなんだろう?長持ちさせるコツや注意点などのお話

ジェルとは水飴の様な粘土をもつ合成樹脂です。
お爪に塗布した後、UVライト・LEDライトで硬化し「ジェルネイル」となります。

2015101201

幅広い年代の女性から支持を得ているジェルネイルですが、魅力はガラスの様な透明感と美しい艶です

立体的なぷっくりとした可愛い見た目も素敵ですね。強度もあるので爪が弱く、すぐに欠けたり割れてしまう方は補強にもなったりするんですよ。

ライトにより一工程ずつ硬化するので、滲むこともなくグラデーションやアートなど幅広いデザインが楽しめます。最近では好きなキャラクターを描く「キャラクターネイル」「痛ネイル」も密かに流行中?!

2015100916

従来のマニキュアとは違い、3~4週間持つというのも人気のポイントですね。

ジェルネイルを綺麗に長持ちさせるために

少しでも綺麗に長く楽しみたいという方のために、注意点やお手入れのコツなどお話ししていこうと思います。

ジェルネイルは長時間の水濡れが天敵、家事(食器洗いや拭き掃除などの水仕事)をする時はゴム手袋で守ってあげましょう。使い捨てのビニール手袋など便利ですよ!

長時間の入浴やプールの時は、ネイルが水の中に浸かったままの状態にならないよう気にかけ、サウナやスチームバス等の高温多湿状態で長い時間過ごす事は控えましょう。

シールをはがしたり、爪先でカリカリはもちろんNGです!
極力指先を酷使するような作業は避けてください。

意外と知られていませんが、オレンジなどの柑橘系洗剤は表面がくもる事もあるんです。

そして、ジェルネイルを長持ちさせる為によいとされている事は「保湿」です!

特に甘皮まわりが重要でキューティクルオイルなどでしっかりケアしましょう。オイルを塗りながらくるくるとマッサージをしてあげると血行促進にも繋がり、健康なお爪が育ちます。

自宅でも簡単にできるケアなので是非試してみてください!

最後に大事なこと

日本ネイリスト協会推奨メンテナンス周期は2~3週間です。これは持ちのお話ではなく健康なお爪を維持する為の理想的なメンテナンス時期です。

ネイルサロンに行けば時間もかかりますし、お金もかかります。
少し浮いたぐらいなら・・・と考えてしまう気持ちもわかります。
実際、私もお客さんとしてお店に通っていた頃はそうでした。

浮いた部分を放置してしまうと、トラブル(グリーンネイル・剥離・白癬菌など)を引き起こす原因にもなってしまいます。

万が一かかってしまった場合は、ジェルネイルをオフ(除去)してネイルをお休みするしかありません。症状によっては皮膚科の受診・通院が必要になってきます。

適切なメンテナンスを心がけ長く続けて貰えたら嬉しいです。
指先に色がついているだけで少し優雅な気持ちになれたり、ネイルはとっても楽しいものです!

スポンサーリンク

シェアする