モノクロゼンタングル!幾何学ネイルの紹介です

ご来店下さるお客様は、素敵な感性をお持ちの方が多いです。ネイリストはどうしても、アートや組み合わせがワンパターン化してしまう傾向があるので、お客様の発想や自由な組み合わせをお伺いすると「こういうのもありだ!」と良い刺激を頂いております。また、新しく可愛いネイルが生まれたので、紹介したいとおもいます。

幾何学ネイル

今回お客様がお持ちだったテーマ・イメージは、ベースになるカラーはモノクロ。幾何学模様的な感じにしたい。との事でした。

幾何学模様と聞いて、そういえばお店にネイルの参考にできたらいいなと購入した「ゼンタングルアート」のパターン本があった事を思い出しまして、こういうのありますよと提案を兼ねて本をお見せしてみたらヒットでした。何事もチャレンジですね、買って良かったです(笑)

まずは「ゼンタングル(Zentangule)」とは

「Zen(禅)」と「Tangle(絡まる)」を合わせた造語です。簡単なパターンを繰り返し描くだけで、緻密なアート作品を完成させることができます。本来はペンや鉛筆で無心に、気持ちのままに書くものです。

  • 想像力を高め、問題を解決する。
  • 心の平穏と安らぎを生む。
  • ストレスを軽減する。
  • 心を鎮める。
  • 焦点を定め、集中力をつける。

などの効果があるとされます。ヨガや瞑想のように、日常生活で取り入れる「リラクゼーションの方法」として、アメリカで考案されたアートです。紙に描く時の基礎は「上下がない」「正解がない」「失敗がない」というものですが、ネイルは面積に限りがあるので、気持ちのままに描くと言うことは、少し難しかったりします。なので今回は、アートパターンを応用しました。

お客様がされたネイルをご紹介します。

1602251

ゼンタングルは、アートパターンに名前がついています。左手(ブラックベース)から。

  • 親指:ドット&ダッシュ
  • 薬指:混合信号
  • 小指:キャシーのジレンマ

右手(ホワイトベース)です。

  • 親指:プランタンバリエーション
  • 人差指:リックのパラドックス
  • 薬指:スタティックバリエーション
  • 小指:未知の空間

オーロラフィルムを使用しています。モノクロゼンタングルアートは、トリックアートのようにも見えて可愛いですね。

オーダーメニュー

カラー(ブラック、ホワイト)+ゼンタングルアート+オーロラフィルム

さいごに

ゼンタングルは「キャシーのジレンマ」「プランタンバリエーション」など、凝った名前も多いのですが、「穴」「細菌だらけ」など、付け方が雑なものもあります。パターンの名前を眺めるだけでも面白かったりしますよ。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする