ネイルサロンの施術用チェア(椅子)を組み立てます。【IKEA アームチェア EKERÖ(エーケロ)】

ネイルサロンの施術用チェア(椅子)を新調するために、IKEA新三郷に行ってきましたよ。家具や小物など、インテリアを揃えたい時はいつも利用しています。

平日の午前中に向かいましたが、店内は混雑していました。アームチェアのコーナーで1時間ほど悩んだ挙句、納得のいくものを購入できました。

カートに乗せてそのまま駐車場まで運ぶことができます。大きな段ボールが施術用に買ったネイルチェア(椅子)です。

青いビニールの袋には、照明、花瓶、マット、紙ナプキンなど、お店で使う細々したものを詰め込んでいます。

こんなに買う予定はありませんでしたが、ルームセットに奇麗にディスプレイされてると、つい手に取ってしまいます。

組み立てます。

IKEAの商品は解体された状態で持ち帰るので、帰ってから自分でパーツを組み立てる必要があります。段ボールにはこんな感じで収まっています。

まずは、すべて取り出してみます。

椅子に必要なパーツが3つと、それを接続するネジやレンチが入っています。

同封の説明書はこんな感じです。

文字はほとんどなく、イラストでの解説が主です。パッと眺めるだけで手順がわかります。

説明書について少し調べてみたところ、全世界で発売しているイケア家具の説明書は共通だそうです。どこの国の人がみてもわかるように絵本をイメージだとか。

作業を進めていきます。

椅子の側面にネジをはめていきます。特に力はいりませんでした。クルクルまわすだけですんなり入っていきます。

台座部分をはめます。穴に取り付けたネジを通すだけです。

パーツのサイズが大きく重さもあるので、女性一人では少し大変かもしれません。IKEAは組み立てサービス(有料)も行っているので、苦手な方や時間がない方は利用するのもありだと思います。

側面逆サイドをはめこみます。

それぞれのパーツを固定していきます。まずは、背もたれと台座の部分です。

ネジにワッシャーをつけて、付属のレンチで回していきます。最後まできっちり回しきるのに力がいりました。

続いて、側面と台座の部分です。

ネジにナットとワッシャーを付けて固定させます。先ほど使ったレンチの逆側を使いました。好みの問題なのか、正しい使い分けの方法があるのかはわかりません。なにかあるのでしょうか・・・。

最後に椅子の足を取り付けます。

小さな六角レンチを使ってネジを回すだけです。この部分は力もいらず、簡単に回りました。

完成です。

段ボール開封から30分ほどで終わりました。写真を撮りながらの作業だったので、スムーズに進めばもう少し早く終わると思います。

さいごに

簡単にレビューをしてみます。

質感は少し堅めです。簡単にへたりが出るような感じはしません。座りやすいです。

背もたれのクッションが柔らかく、リラックスできます。これは簡単に取り外すことができるので、好みに合わせて使い分けができます。

幅70cm奥行き73cm高さ75cmなので、一人掛けのソファーとしては標準(おそらく)サイズだと思いますが、若干大きく感じます。色によってはかなり目立つかもしれません。

購入してからまだ3日ほどなので、もう少し使ってみたらこの記事に追記していこうと思います。

そうそう、ソファー以外にも小物を購入したので、お店に遊びに来たときはイケア製品を探してみて下さいね。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする