ネイルサロンを始めた2015年のことと、遅すぎる新年のごあいさつ

2015年はネイルサロンをオープンして、様々な出会いを体験しました。感謝の気持ちと共に記事にしたいと思います。内容としては、去年を振り返ったまとめ記事なので、本来ならば大晦日や元旦に投稿するようなものですが、新年から2週間経ち、生活が落ち着いたこのタイミングで言葉にしました。

2015年のこと

アパートの1室を借りての開業ということもあり、「ここがネイルサロン」という表示物は、扉に掛けている「小さな手書きの看板」だけです。店舗としての存在感はまったくなく、見つけて貰うことはできるのだろうか。不安な気持ちばかりのスタートでした。

宣伝活動について、ホームページの作成、ブログの更新、チラシのポスティングなど、自分としては力を入れてきたつもりではありますが、制作物のほとんどが手作りであり、ネイルサロン(美容業界)のような華やかさもなく、魅力的なものではありません。ぱっと目を惹くような、目立つものでもないと思っています。

ただ、そんな小さな「きっかけ」を見つけてくれ、想像を超えるほどに、沢山のお客様にご来店頂きました。ありがたい気持ちでいっぱいです。

デザイン選びで迷わないように。お気に入りのネイルを見つけやすいように。個人的に、思いでの記録として残しておきたい。という気持ちから、お客様ネイルの写真を印刷して、ネイルアルバムを作っています。アルバムといっても立派なものではなく、スケッチブックに貼り付けてみたり、フォトフォルダーに挟んでみたり、手作り感のあるものです。

このアルバムは定期的に見返していますが、こんなことを悩みながらデザインを決めた。施術中にこんな話をした。おいしいお土産をもらった。文字として記録しているわけではないのに、ネイルの写真を見るだけで、その時の様子が思い浮かびます。職業病とは違うかもしれませんが、これはネイリスト特有の感覚かもしれませんね。

まだまだ、書きたいことは山ほどありますが、2016年3月でオープン1周年を迎えます。区切りと言うものは大切にしたいタイプでして、その時に感謝の気持ちと共に、営業を始める前の準備期間の話、オープンしてからの裏話など、記事にしようと思っています。

素敵なお客様に巡り会えたこと、素敵な時間を過ごせたことに感謝しています。

さいごに

遅すぎる新年のごあいさつです。

1601161

2016年の干支(えと)は丙申(ひのえさる)ということで、ネイリストらしく、キャラクター(?)チップにしてみました。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする