【クレヨンしんちゃんネイル】ぶりぶりざえもんの「できるまで」

以前の記事で、メタルギアソリッド「オセロット」の声が、クレヨンしんちゃんの「ぶりぶりざえもん」と同じ声優さんだという話をしたので、キャラクターネイルとして作ってみました。オセロットはこちらです。

【メタルギアソリッド】オセロットネイルの「できるまで」

さて、作ったオセロットですが、拷問マニアというイメージが強いです。ただですね、声を聴くたびに、クレヨンしんちゃんの「ぶりぶりざえもん」を思い出してしまいます。声優さんが同じなんですよね。

誰もが知っている国民的ヒーロ(?)ですが、ぶりぶりざえもんを簡単に説明すると「上半身は裸で、下半身には紫色のタイツを履いている二足歩行の豚です。」

この説明、的確に特徴を捉えられている気がします(´,,•ω•,,)

性格はナルシスト、女好き、がめつい、欲張り、自称「救いのヒーロー」です。しかし、「私は常に強い者の味方だ」と、高確率でしんちゃんを裏切り、敵に寝返ります。あれ?クズなイメージしかでてこない。

有名な話ではありますが、ぶりぶりざえもんの声優をされていた、塩沢兼人さんが亡くなられてから「ぶりぶりざえもんの代役は立てない」という方針がアニメスタッフの中で建てられました。ぶりぶりざえもんの出番は減ってしまいましたが、愛のある素敵な話だと思います。

さてさて、本題に移りたいと思います。作成経過の画像を載せながらのんびりと、「できるまで」を紹介します。

ぶりぶりざえもんネイル

キャラクターネイルの材料は、すべてカラージェルを使います。発色をよくするため、ホワイトのジェルで事前にワンカラーを塗った所からスタートします。

ぶりぶりざえもんは、鼻や目が左右非対称です。あえてバランスを崩したイラストが特徴的なので、うまく再現したいところです。腕を組んでるイメージが強いので、腕組みポーズで作成しようと思います。

枠取りをします。比較的ラフな感じで描いてみます。

1601191

肌と下半身を塗ります。

1601192

ラインをなぞり、刀に色を付けます。この刀、実は千歳飴で時々舐めたりしているんですよ。

1601193

バランスの確認など最終チェックをして、トップコートを塗ったら完成です。参考画像とともにパチリ。

【クレヨンしんちゃんネイル】ぶりぶりざえもんの

あ、帰らなきゃ。救いのヒーローは1日3時間しか働けぬ。

さいごに

せっかくなので、異色のコラボレーションです。

1601196

これだけ見ると、とても同じ声優さんの担当だとは思えません。雰囲気のまったく違うキャラクターでも、見事に演じきる表現力は素晴らしいですね。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

※痛ネイルのまとめ記事を作りました。60キャラクターを紹介しています。よかったらこちらも覗いてみて下さいね。

痛ネイルとは、他人の視線を気にせず全力で楽しむものだ!【まとめ】

スポンサーリンク

シェアする