【セリフ付き漫画ネイル】NARUTO(ナルト)のイルカ先生を作りました!「できるまで」を紹介します。

「NARUTO(ナルト)」は「作者・岸本斉史」による漫画です。1999~2014年まで週刊少年ジャンプで連載されていて、アニメ放映、劇場映像化、ゲーム化もされています。作品には「忍」「忍者」というテーマがあり、30ヶ国以上で翻訳発売され「全世界累計200000000部突破」と「アニメ放映は80カ国以上」と全世界に絶大な人気があります。

以前にもNARUTO(ナルト)ネイル

【NARUTO(ナルト)ネイル】デイダラさん「喝!!」を作りました!「できるまで」を紹介します。

という痛ネイルができるまでをご紹介していますので、興味がある方は合わせてご覧頂けたらと思います。

今回は「漫画のコマ送り風」とお客様からのリクエストを頂いたので、練習を兼ねながら痛ネイルができるまでをご紹介します。

まずは、リクエストの1つ目「イルカ先生」です。「1つ目」という言葉の時点で、感が良い方はシリーズ化するつもりだなこの人。と思いました?

大正解!(笑)

シリーズ化する気満々です。名場面を再現できたらよいなと思います。今回は1巻の「イルカ先生」とその名言。「化け狐じゃない、うずまきナルトだ!」を作りました。

イルカ先生ネイル

キャラクターネイル・痛ネイルの材料は、すべてカラージェルを使います。発色をよくするため、ホワイトのジェルで事前にワンカラーを塗った所からスタートです。

今回は「漫画風」ですので基本、ホワイト、ブラック、ジェットブラック、シアーブラックしか使いません。

まず漫画の「枠」のように線を2本描きます。一旦、ライトに入れて硬化します。

イルカ先生は顔の傷がかなり特徴的なのと、木の葉の額当てをつけたいので、資料の漫画本と睨めっこしながら顔の輪郭→額当て→首周りの洋服や筋→顔の中身を描きました。

髪の毛、額当て、洋服をジェットブラック(先ほどより濃い色)を使って塗っていきます。戦闘中についたであろう顔の傷や土などを描いていきます。

シアーブラック(透けた黒)で影と顔に描いた傷をリアルにする為にボカします。写真もピントがボケてしまいました。そこはボカさないでいいのにすみません・・・。

続いて、一番はじめに描いた「枠」をハッキリとさせるためにジェットブラックでなぞります。1本増やしました。

トップコートを塗ったら完成です!

かっこいいです(^^)

台詞ネイル

先程と同様、ホワイトのジェルで事前にワンカラーを塗った所からスタートです。

バランスよく「うずまきナルトだ」を描いてから、丸で囲みトップコートを塗ったら完成です!

さいごに

「イルカ先生」と一緒に写真を撮りました!

ちゃんと言っているように見えて一安心です(^^)

NARUTOは名場面が多いですよね(^^)また次もNARUTOを作るので楽しみにして頂けたら嬉しいです!

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

※痛ネイルのまとめ記事を作りました。60キャラクターを紹介しています。よかったらこちらも覗いてみて下さいね。

痛ネイルとは、他人の視線を気にせず全力で楽しむものだ!【まとめ】

スポンサーリンク

シェアする