季節「冬」を取り込む!雪の結晶を使ったネイルデザインの紹介です。

雪の結晶を取り入れたデザインは、大きさや結晶の形によって様々な印象になります。日本には「春」「夏」「秋」「冬」と四季があるので、季節ならではの物を取り入れたデザインを施すのも、ネイルをする上での醍醐味といいますか、楽しみの1つですよね。

今回は「雪の結晶を使ったネイルデザイン」を、3つ紹介したいと思います。

ホワイトのグラデーションに雪の結晶

1604051

雪の結晶をつけたいというお客様です。キラキラとした感じも出したい、とご要望を頂きました。

ホワイトのグラデーションを作った上に、ラメパウダーをほんのりとのせ、キラキラ感をだしてから雪の結晶を配置しています。さらに、ホワイトオパール系とクリア系のスワロフスキーストーンを散りばめて、雪が降っているように見立てました。

雪化粧ネイル、素敵に仕上がりました!

オーダーメニュー

カラーグラデーション(ホワイト)+ラメ+雪の結晶+ストーン

ライトグレーとグラデーション雪の結晶

1604052

ライトグレーを使って、雪の結晶を取り入れたい。雪の結晶の指は、ホワイト系にしたい。とのご要望です。

ホワイトの上に雪の結晶を置くと、カラーが同色で目立たなくなってしまうため、グラデーションをオススメして、根元に雪の結晶を配置しました。

プリジェルの「虹のかけら」という、様々な大きさのラメやホログラムが入っているカラーを少量のせ、キラキラ感をだしました。

大人っぽい雪の結晶ネイルに仕上がりました!

オーダーメニュー

ワンカラー(ブルー系グレー)+カラーグラデーション(ホワイト)+ラメ+ストーン+雪の結晶

さいごに

季節を取り込んだネイルは、デザインを考える楽しみもあり、人気があります。今回は、雪の結晶「冬」をテーマにした紹介でしたが、それぞれの四季をイメージしたネイルデザインも、少しずつ紹介していきたいと思います。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする