健康な爪を育てる!食べ物に注目します

キューティクルオイルを使った保湿、クリームを使ったハンドマッサージなどは、健康な爪を育てる上で有名なケア方法ですね。今回は、少し視点を変えてみたいと思います。

「外側からのケアでなく、体の内側からのケア」

爪の成長を促す食べ物(栄養素)に注目してみます。

紹介に入る前に、まずは爪の成分につい確認しておきましょう。

爪って何でできている?

b75

ネイルの基礎知識で紹介したことがありますが、もう一度おさらいしたいと思います。

爪は皮膚が角質化したものであり、皮膚の一部です。骨のように硬い感触があるため、「カルシウム」が主成分と思われがちですが、ケラチンというたんぱく質が主な成分となっています。

また、14%前後の水分を含んでいて、お風呂上がりや季節によって分量は変化していきます。

必要な成分と食べ物

b74

健康な爪を育てるためには、バランスの良い栄養摂取が重要です。必要な成分を具体的にみていきましょう。

たんぱく質

最も大切なのは、爪の主成分であるたんぱく質です。「動物性たんぱく質」「植物性たんぱく質」どちらも重要なので、バランスよく意識して摂取しましょう。

肉、魚、乳製品、大豆、穀物

ビタミン

ビタミンA

薄くなった爪を硬く、丈夫にする効果があります。

レバー、うなぎ、卵黄、緑黄色野菜

ビタミンB群

8種類あるビタミンをグループにしたもので、健康な爪を育てるために、重要な栄養素です。

豚肉、レバー、しじみ、まぐろ

ビタミンC

ささくれの予防にも効果があります。

オレンジ、ピーマン、トマト、いちご

ビタミンD

カルシウムやリンなど、ミネラルの吸収を補助します。

マグロ、うなぎ、きくらげ、しいたけ

ビタミンE

血液の循環をよくし、つやのある爪を育てます。

らっかせい、ほうれんそう、うめ、いくら

ミネラル

不足すると爪が薄くなり、反り爪などの原因になります。

レバー、ひじき、ぱせり、あおのり

亜鉛

爪の主成分であるたんぱく質の合成に関わっています。

カキ、アーモンド、レバー、ホタテ

カルシウム

爪の主成分ではありませんが、大切な栄養素です。

豆腐、ヨーグルト、ブロッコリー、いわし

さいごに

苦手な方も多いかもしれませんが、レバーは豊富な栄養を含んでいます。カキなどは冬に楽しめるので、これからの季節にばっちりですね。

どの栄養素も、バランスよく摂取することが大事です。「外側からのケアでなく、体の内側からのケア」を意識してみてはどうでしょうか。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする