ネイルサロンで筆を見よう。

みなさんジェルネイルの施術中は、どんな所を見ていますか?アート中の指先、インテリア、ネイリストの真剣な顔だったり、気になる場所は沢山ありますよね。

今日は、筆に注目してみようというお話です。

筆をみよう

ネイルサロンに行くと、ネイリストの筆立てに

00

「こんなに使うの?」

という数の筆がささっているのを、見たことがありませんか?

ネイルの筆には

「ベース用」「カラー用」「アート用」
「フレンチ用」「グラデーション用」「トップコート用」

など、まだまだ紹介しきれないほど沢山の種類があります。

メーカーにより毛筆の硬さや質感が少しずつ違い、用途によって使い分けが必要です

ベースコート、カラー、トップコートは絶対に違う筆を使う必要があります。
見た目が同じ筆でも、ホワイト・ブラック・ラメ用と混ぜたくない物もあります。

それにプラスして、少しでも使いやすい筆をと買い求めているので、こんな量になってしまいます(笑)

記事にもよく上げている痛ネイルやキャラクターアートにはこんなものを使います。

02

アート筆です。細部まで丁寧に仕上げるために、これは欠かせません。
お花も沢山の種類があったり、チェック柄、ボーダー、複雑な模様を描くときなど、筆先の太さによって使い分けています。

使っていなかったり、綺麗なものを選んだので、まだまだほんの一部です。

それと、筆はお手入れをしていても、毛先がバサバサになってしまうので予備は欠かせません。 薬剤の影響もありますし、使い続けることによって消耗してしまいす。

私がヘビーリピートしている一軍のアート筆がこちらです。

03

画像だとあまりわかりませんが、 極細で穂先の長さが丁度いいんです(*๓´╰╯`๓)

「最初に使っていた筆よりも細いものを」と

注文したらさほど変わりがなく(^^;

「やはり実物をみてからじゃないとダメだ!」と

展示会や問屋さんで色んな筆を見て回りました。

買う→使う→探す

買う→使う→探す

一時期はこんな感じでずっと筆を探していました。

これ以上の書き心地と細さには、今の所まだ出会えていません(←まだ探すつもり?笑)

わかりやすく、平均的な爪の大きさのチップと比べると

04

どうですか、驚きの細さ\( ˆ ˆ )/

同じメーカーでも、型番が違うだけで書きにくく感じたので、こちらの筆を愛用していますΣd(´∀`*)

細かいアートを作る必須アイテムです!

おそらく、どのネイリストさん達も筆を探し求めていると思います。
ネイルサロンに行ったら「どんな筆使ってるのかなぁ」と、新しい楽しみ方をして頂けたら嬉しいです

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

※おすすめのネイルブラシを紹介しています。よかったらこちらも覗いてみて下さいね。

ネイルブラシ(筆)のおすすめを紹介します【16選】

スポンサーリンク

シェアする