【続・機動戦士ガンダムAGEネイル】アセム・アスノを作りました!「できるまで」を紹介します。

前回から引き続きまして、「機動戦士ガンダムAGE」ネイルができるまでをご紹介します!三世代に渡るガンダムなのでネイル記事も同様に3部構成です(笑)

前回は第1部主人公「フリット・アスノ」ができるまでをご紹介しています。

【機動戦士ガンダムAGEネイル】フリット・アスノを作りました!「できるまで」を紹介します。

ストーリー冒頭を少しかじらなくては説明ができないので、ややネタバレを含みます。まだガンダムAGE見てない!という方は、文章を飛ばして画像から見て下さるとネタバレ回避できますよ。

まずは、ガンダムAGE全体のあらすじを公式サイトより引用します。

スペースコロニーへの移民が始まって数百年が過ぎた宇宙時代。地球圏の覇権をめぐる戦争は終わり、平和な時代が到来するかに思われた。
しかしその平和は、はかなくも崩れ去った。
A.G.101年-(Advanced Generation)
突如、出現した正体不明の敵『UE(Unknown Enemy=アンノウン・エネミー)』によって、スペースコロニー『エンジェル』が攻撃を受け、崩壊した。多くの犠牲を出したこの大惨事は後に『天使の落日』と呼ばれた。その後もUEは地球圏に住む人々を、長きにわたり苦しめることになるのである。

ここまでは前回も記事にしています。

時代は流れまして、今回ご紹介するのは第2部(アセム編)フリットの息子である主人公「アセム・アスノ」。

「100年に渡る長きた戦いの幕開け」って第1部でガッツリ言ってますからね、そりゃ主人公も歳をとる訳で、世代交代しますね。アセムは父であるフリットからガンダムを受け継ぎ、強大な敵「ヴェイガン」に立ち向かいます。

ここで突如でてきた「ヴェイガン」とは…

第1部後編で「UE」の正体がわかります。移住計画の失敗によって火星圏に取り残された人々がつくり出した新たなる国家の事です。

アセム編のキャッチフレーズというか題目は、「激しさを増す戦いの中で、若者達の友情は、命は、儚く消えゆくのか?急展開するガンダム大河ストーリー第2章。」

ちょっと私の感想を挟ませてもらいますね。

先程、ちょこっと触れた「世代交代」。普通だとお亡くなりになったりしてするものかなと思うのですが、フリットは「健在」です。総司令的なポジションにいます。

ここなんですよ。私が気になる所。

はっきり言って「アセム編」なのにお父さん(フリット)が出しゃばり気味じゃないか??。
好きです~」なんて口に出したら袋叩きにされそうな位にしかまだ作品数を見ていない「にわかレベル」です。

そんな私が疑問に持つ事と面白いと感じたところは、歴代全部見ているコアなガンダムファンの皆さんはどう感じているのかなーとか思いました。それを考察するのも楽しみの1つなのか?

さて、前置きも長くなってきたので第2部アセム編の主人公「アセム・アスノ」の制作に移りましょう。

アセム・アスノネイル

キャラクターネイル・痛ネイルの材料は、すべてカラージェルを使います。発色をよくするため、ホワイトのジェルで事前にワンカラーを塗った所からスタートです。

ブラックのカラージェルを使い、輪郭→髪の毛→首→洋服の順番に描きます。やはりレベルファイブは髪型が特徴ありますね。

肌、髪の毛、洋服を塗ります。ベースに塗ったカラーにほんの少しブラックを混ぜ(入れすぎ注意です)影をつけていきます。顔は逆にホワイトのカラーをベースに塗ったカラーに混ぜて影にならない部分を作りました。

一番初めに描いたラインが弱くなってしまっているので、ブラックのカラーを使いラインをなぞります。眉毛を描き、白目の形を塗ります。

目の中を描き入れました。肌を今度はブラックを混ぜるのではなく、シースルーブラウンを使って影をつけます。

トップコートを塗ったら完成です!

さいごに

背景を変えて写真を撮りましたよ。一緒に写っているモビルスーツはもちろんアセムの「AGE-2」です。

次回もガンダムAGEのネイルが出来るでを予定しております。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

※痛ネイルのまとめ記事を作りました。60キャラクターを紹介しています。よかったらこちらも覗いてみて下さいね。

痛ネイルとは、他人の視線を気にせず全力で楽しむものだ!【まとめ】

スポンサーリンク

シェアする