天然素材!クラッシュシェルを使ったネイルデザインの紹介です。

「クラッシュシェル」とは読んで字のごとく「本物の貝殻に色をつけて砕いたネイルパーツ」の事をいいます。「ストーン」や「ホログラム」「ラメ」のような輝きとはまた違った、天然素材ならではのお上品なキラキラ感がお楽しみ頂けます。

メタルパーツの「シェル」と呼ばれるパーツは貝殻そのままの形をしているので、どうしても「夏限定」のネイルパーツになりがちです。同じ「シェル」がつくパーツですが「クラッシュシェル」は砕いてるものなので貝殻の形をしている訳ではないため、季節を選ばずに使う事のできるパーツです。カラーも豊富なのでデザインに合わせやすいです。散りばめたり、グラデーションのようにしたり、花弁のように配置してお花を作ったり、アイデア次第で自由自在に応用が出来ますよ。

フラワーアートとクラッシュシェルネイル

1605121

ワンカラーよりも、根元がクリアなデザインがお好きなお客様です。桜のシーズンを終えていたので、春っぽいけどその先の新緑を考えたデザインがよい、とご相談をいただきました。

デザインサンプルの中から春っぽいものをピックアップして、こちらのデザインを選んで頂きました。使用したカラーは「ライトパープル」と「ライムグリーン」です。「気分は何色ですか?」とお伺いをして、紫とグリーンのトーンが同じものをオススメしました。

フラワーアートにホログラムを散りばめて、同色のホログラムで片手1本ずつ爪を囲み、オレンジのクラッシュシェルとスワロフスキーストーンを真ん中に配置をしました。

ネイルは平均して3~4週間は装着しているものです。季節をまたぐ時もあるので、1つ先のシーズンを意識するのもいいですね。

清涼感のあるネイルに仕上がりました(^^)

オーダーメニュー

フラワーアート(ピンク、グリーン、ホワイト)+ホログラム、クラッシュシェル、スワロフスキーストーン

ワンカラーとクラッシュシェルネイル

1605122

いつもアイディア満載のお客様です。今回は「ブラックベースに、深いブルー、グリーンのパーツ類」でいきたい、とご相談を頂きました。ベースにもってくるブラックは完全なブラックだと「グリーンとブルーがかき消されてしまう」と思ったので、ブラックの中でも「ややふんわりとラメが入ったブラック」をオススメしました。ブルーとグリーンのパーツ類は、のせてみて配分を見ながらデザインを決めていく事にします。

まず「クラッシュシェル」は絶対に使いたいとの事でしたので、ブルーとグリーンの「クラッシュシェル」を混ぜて下半分に収まるように配置をしました。続けて、装飾の王道ともいえる「スワロフスキーストーン」こちらもブルーとグリーンを配置。もうちょっとガチャガチャさせたいとご要望を頂いたので、シルバーの「ブリオンパーツ」をストーンの隙間につける事にしました。

「あと何かオススメはありますか?」とご相談を頂いたので「乱切りホログラム」をオススメしました。「乱切りホログラム」もブルーとグリーンを混ぜてのせています。「あと1本だけ大きなストーン、何か1個ドーンと置きたい」とご要望を頂いたので、大きめのストーンをお見せして「楕円のオーロラストーン」を置くことにしました。全部バラバラのパーツでもカラーを同じにすると統一感がでますね。

個性を味方につけたネイルに仕上がりました(^^)

オーダーメニュー

ワンカラー(ブラック)+クラッシュシェル(ブルー、グリーン)+乱切りホログラム+スワロフスキーストーン(グリーン、ブルー)シルバーブリオン+三角パーツ丸スタッズ+リーフストーン

さいごに

「クラッシュシェル」の輝きはお上品さがでるので、少しキラキラとさせたい時にオススメです。夏以外にも使えるパーツなので、「クラッシュシェル」を使いこなしてデザインの幅を広げて頂きたいなと思います(^^)

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする