【ポパイネイル】オリーブとお花を作りました!「できるまで」を紹介します。

「ポパイ(POPEYE)」は人気のアメリカンコミックです。ほうれん草を食べると超人的パワーになる事で有名なポパイですが、1929年の誕生当初は「シンブル・シアター(thimble Theatre)」という「ハムグレイヴィ」と、その恋人「オリーブ」や「オリーブの兄達」のお話でした。「ポパイ」が登場したのは10年経ってから、それも脇役だったそうです。しかし、ポパイの不死身キャラクターが一躍人気になり主役の座とオリーブを瞬く間に奪いさってしまったと(^^;)なんだか大人の事情満載ですね(笑)

作品によって水兵になったり船乗りになったりするようです。

めちゃイケで昔ポパイのパロディがありましたよね。地味に好きでした(笑)ポパイの登場キャラクターはなんとなく知っていますが、お話をあまり知らなかったなぁと思い調べました。今回は「オリーブ(olive)」を作ったのでオリーブの事も調べました。まずは頼もしいWikipedia先生の説明書きですが

「ポパイの恋人。痩せっぽちで決して美人とは言えないが、牧場や店を興したりなどして自活しているしっかり者の女性。気がつよいところもあり、ポパイがだらしない態度をとるとブルートへ浮気に走ることもある。2人に振り回されて痛い目によくあう。なぜか彼女も缶詰のほうれん草を食べるとパワーが出せ、ポパイの代わりに危機的状況を打開したこともある。」

え?なんか思っていたのと違う(困惑)

色々とツッコミ所があるのでこの辺りはスルーしてネイルが出来るまでにうつりたいと思います。引き際大事です(笑)

そろそろ本題のネイルのコーナーに移りましょう。今回はポパイの恋人「オリーブ」を作りました。

オリーブネイル

キャラクターネイル・痛ネイルの材料は、すべてカラージェルを使います。本来の手順は発色をよくするため、ホワイトのジェルで事前にワンカラーを塗った所からスタートですが、今回は作り方を変えようと思います。

ホワイトのカラーでキャラクターの輪郭のみを塗っていきます。

1605031

肌のカラーと首元のフリルを塗ります。

1605032

ブラックのジェルでラインをひきます。髪の毛、顔の中身も描いていききます。真っ赤なピアスも塗ります。

1605033

トップコートを塗ったら完成です。

【ポパイネイル】オリーブ

続いて、お花を持っている手を作りたいと思います。発色を良くする為にホワイトのカラーで塗ってからスタートしたのですが写真撮るのを忘れました。肌のカラーを塗ります。

1605035

お花、茎、洋服のカラーを塗ります。

1605036

ブラックのラインで縁取りを描いていき、お花の中心を黄色で塗りました。

1605037

トップコートを塗ったら完成です。2つ組み合わせるとお花を持ったオリーブになります(^^)

【ポパイネイル】オリーブとお花

さいごに

ほうれん草の缶詰はポパイから生まれたらしいですよ。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。締め方が雑ですかね(笑)

※痛ネイルのまとめ記事を作りました。60キャラクターを紹介しています。よかったらこちらも覗いてみて下さいね。

痛ネイルとは、他人の視線を気にせず全力で楽しむものだ!【まとめ】

スポンサーリンク

シェアする