空と海の色!ブルーを使ったフレンネイルデザインの紹介です。

ブルーを使ったネイルは一年中大活躍です。夏は涼しげに、冬は氷のようなイメージに。他のカラーとの相性も抜群なので、様々なデザインを楽しむことができます。また、色の相性だけではなく、マット、マーブル、グラデーション、ラメなど、どんなアートも引き立たせてくれます。

「ブルー」は空と海のカラーであり、感情の高まりを抑制する色と言われています。脈拍や体温が下がり、呼吸もゆっくりと深くなるため、心身が落ち着き、脳波もα波に変わりやすくなり、平和で安らいだ気持ちにさせながら集中できる状態を作る効果があります。

今回は、そんな「ブルーを使ったフレンネイルデザイン」の紹介です。

鮮やかなブルーのフレンチとマーブルアート

1604203

私自身のネイルです。季節は初夏になり暑くなり始めたので、手元を涼しげにしたいと考え、鮮やかなブルーをメインに使用しました。

爪が伸びるのが早いので、伸びても気にならないように「やや深めのフレンチとマーブルアート」をいれようと決めていました。ホワイトをベースカラーにして、スカイブルーと濃いブルーのマーブルを作り、シルバーのラメを使って囲むようにラインを描きました。

フレンチ、マーブルと作ってから少し物足りない気がしたので、マーブルアートに使用したカラーを使って、フレンチの部分に斜めとクロスのラインをいれました。シルバーラメでダブルラインをいれた間に、鮮やかなブルーのクラッシュシェルを置いてみましたよ。

オーダーメニュー

フレンチ(ブルー)+ラメラインシルバー+アート(マーブル)

青のフレンチとスワロフスキーストーン敷き詰めネイル

1604202

片手1本ずつに、スワロフスキーストーンの敷き詰めをやってみたい。他の爪はシンプルなブルーのフレンチにしたい、とご相談を頂きまさした。

スワロフスキーストーンを敷き詰めた指には、シルバーのラメをワンカラーで塗りました。この工程をいれる事で、ストーンとストーンの間にできる隙間を改善し、より輝きを持たせることができます。

キラキラ輝く大人フレンチに仕上がりました!

オーダーメニュー

フレンチ(ブルー)+ストーン

スカイブルーのフレンチとCパーツ

1604201

スカイブルーのフレンチと、1本ずつにワンカラーで中心に何かパーツを置きたい、とご相談を頂きました。

ベースカラーは、お客様のご要望通り「スカイブルー」を使用しています。ワンカラーの指に乗せたパーツは「Cパーツ」です。Cパーツの色がゴールドなので、他の指にもゴールドでラインを引いて、全体の統一感を出していますよ。

清楚だけどよく見るとゴージャスなネイルに仕上がりました!

オーダーメニュー

フレンチ(スカイブルー)+ラメライン(シルバーゴールドMIX)+メタルパーツ

さいごに

最近では、結婚式に花嫁さんが「何か1つブルー」を身につけると幸せなになれる「サムシングブルー」のジンクスをネイルに取り入れるお客様も多いです。ブライダルネイルをする時には「何か1つブルー」を思い出してみて下さいね。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする