元気づける色!オレンジを使ったワンカラーネイルデザインの紹介です。

オレンジは陽気な熱意を表現します。人間はオレンジを見ると消化や吸収などのエネルギー循環を良くする効果があるそうで、食欲を沸かせたり活動的な気持ちになるそうです。カラーセラピーによると、オレンジには喜びと開放感。モチベーションを高めて元気づける効果を持つとされ、明るいイメージを生み出し閉鎖的な思いや態度を取り除き、のびのびとした気持ちを生み出してくれるそうです。

今回は、そんな「オレンジを使ったワンカラーネイルデザイン」の紹介です。

パステルオレンジワンカラーとボーダー

1604192

パステル系オレンジのワンカラーと、ホワイト×オレンジのボーダー。星のモチーフを使いたい、と参考画像をお持ち下さいました。

お好みのオレンジの色が「ちょうどカラーサンプルの間と間の色」だとおっしゃっていたので「カラーを5:5の分量で混ぜて」新しいカラーを作りました。

ボーダーの指には、星のくり抜きアルミパーツとスワロフスキークリアストーンをのせています。錨マークのパーツもそえて、マリンらしさを追加しましたよ。

元気なイメージのマリンネイルに仕上がりました!

オーダーメニュー

ワンカラー(オレンジ)+色追加+ボーダー+ストーン

押し花カラフルネイル

1604191

マットトップコートとアシンメトリーがお好きなお客様です。今回は「押し花を使用した、こういうネイルがしてみたい」と参考画像をお持ち頂きました。

まずは、ベースカラーに使用したい色を何色か選んで頂きました。決定後「3色を使ったグラデーションの指」「ワンカラーの指」「中央に向かって色が変わる2色グラデーションの指」「雲が流れているようなグラデーションの指」を作成して、これらをアシンメトリーになるように配置しました。

押し花をつける爪は、花が引き立つようにシアー系のホワイトをベースにしています。五枚花の押し花をカットして、元から3枚の花びらだったように配置をしました。茎は手描きアートをしています。

さわやかなイメージのネイルに仕上がりました!

オーダーメニュー

ワンカラー(イエロー、ブルー、オレンジ)+グラデーション+押し花アート+マットトップコート

ビビットオレンジとグリーンパーツ

1604193

ビビットオレンジのワンカラーをベースに使いたい。他は「何か合わせて可愛い物はありますか?」とご相談を頂きました。

ビビットオレンジはハッキリとした印象のカラーです。複数のカラーを同時に使ってしまうと「カラー同士が喧嘩をしてしまう」もしくは「負けてしまう」ことがあります。なので、ベースカラーとパーツを引き立たせるために、デザインをまとまりやすくさせるために、ひとつの色に絞ることをオススメします。今回の施術では、パーツに使いたいカラーをお客様に選んで頂いてから、それぞれの指へ配置をしていく、という手順をご提案させて頂きました。

「グリーンを使いたい気分。オレンジとグリーンを合わせたら可愛いと思う」との事でしたので、お店にあるグリーンパーツを総動員しました。指ごとにパーツをクラッシュシェル、スターホログラム、スワロフスキーストーン、大型楕円パーツ、小さめ丸型パーツ、長方形パーツと使い分けてのせていきました。

元気いっぱいPOPなビビットネイルに仕上がりました!

オーダーメニュー

ワンカラー(蛍光オレンジ)+シェル+ストーン+ホロ

さいごに

オレンジの持つメッセージと意味を紹介します。

コーラルオレンジは、生命力、元気にさせる、順中な、切望する

タンジェリンオレンジは、活力のある、ジューシー、豊かな、元気にさせる

ビビットオレンジは、楽しい、幸福な、やる気にさせる、アクティブ、陽気な、親しみやすい、快活な

色の持つ意味を知ってから、看板や商品のショップ袋などに注目することが多くなりました。色と意味が一致されていたり、意味を持つものにかけていたり、よく考えられているな~と面白い発見が沢山あります。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする