今までに行った「東川口のラーメン屋さん」を紹介します。

「東川口のこと」というカテゴリーを作ってから、色々なお店に遊びに行っています。ずっと住み続けている街ですが「こんな場所もあったのか」と新しい発見もよくあります。

ふと、このカテゴリーの記事を見直していたところ「ラーメン屋さんの割合が多い」という事に気づきました。東川口周辺にはラーメン屋さんが多いですし、気軽に入り易いというのもありますし、記事を作り易かったりします。

今回は、今までに行ったラーメン屋さんをまとめてみましたよ。

来来亭東川口店

1512281

京都風醤油味の鶏ガラスープ「来来亭

来来亭のラーメンは、京都風醤油味の鶏ガラスープに背脂をふんだんに浮かせているのが特徴です。表面に背脂、中は澄んだ鶏ガラベースのスープなので、コクがあるのに口当たりはスッキリ!最後まで飲み干せるスープです。麺はコシのある細麺で、スープとよく絡んでスルスルいけてしまいますよ!

来来亭東川口店は、2014年の夏ごろ出来たお店だったとおもいます。同じ飲食店に何度も行くことは少ないけど(飽きてしまうので)、もう何回も食べに行ってますよ。店員さんの笑顔が素敵で、とても親切に接客してもらえます。

京都風醤油味のラーメン屋!来来亭東川口店に行って来ました。

麺厨房ばんぶる

1601291

麺厨房ばんぶる

公式ページより、少し長めの紹介文となります。

ゲンコツをメインに、鶏ガラや野菜を炊いたトンコツスープは、白濁ながらマイルドでクセがなく、大人から子どもまで万人が親しみやすい味。特に人気の「特製つけ麺」は隠し味の魚介風味が香るつけ汁と手もみの平打ち麺に根強いファンが多い。鶏ローストや厚切り角煮など5種のチャーシューを盛った「特ばんぶる麺」、ニンニクがガツンと効いたワイルドな「肉スタミナ麺」、白ゴマダレがクリーミーな「担々麺」など、麺のメニューは5種。また、「味噌モツ炒め」や「水餃子」など、一品料理やドリンクがバリエーション豊富なのも魅力です!

大きなテーブル席、座敷席もあるので、家族でゆっくり食事をすることもできます。サイドメニューも豊富なので、お酒を飲む人にもおすすめです。

麺厨房ばんぶる!東川口店に行って来ました。

桑原亭

1602093

ラーメン屋「桑原亭

すべてにおいてこだわりぬいた「自家製」が特徴の桑原亭。
こってり派もあっさり派も自家製スープに大満足
新感覚の自家製麺を絡ませたラーメンは絶品です
自慢のスープは、トンコツベース(こってり)と魚介ベース(あっさり)のWスープ。
この2つのスープを使い分け、超あっさりから超こってりまでの6段階のテイストを選べるのが特徴。

夜遅くまで営業しているので、仕事帰りに立ち寄れます。駅近も嬉しいですね。ウルトラこってりというラーメンが気になっています。

おいしいらーめんのお店!桑原亭東川口店に行って来ました。

喜楽々(きらら)

1602111

喜楽々(きらら)公式ブログ

店主の出身地『青森県』の素材を活かし、多彩ならーめんを提供します。煮干しと鯖の薫り漂う“津軽らーめん”御当地の“味噌カレー牛乳らーめん”“大鰐温泉もやしらーめん”など北国素材王国『青森』の旬をお楽しみ下さい。

最近は、インパクトのあるラーメンが続いていたので、沁みました(笑)優しさを求めている方には、ぜひオススメです。

麺匠!喜楽々(きらら)東川口店に行って来ました。

天下一品

1603161

天下一品」の心をこめた感動の一杯。公式ページより、少し長めの紹介文となります。

創業者 木村 勉が、約4年におよぶ試行錯誤の末に誕生させた”こってりスープ”。

天下一品のスープの食材は鶏がらや野菜など、皆さま方もよくご存知のものですが、
木村 勉が苦心の末に完成させた天下一品秘伝の製法にかかると、深い味わいの、
どこにも真似のできないおいしいスープとなります。

このスープをどこまでも守りぬくこと、これが天下一品のこだわりです。

まだ、天下一品を食べたことのない人に説明すると、ラーメンというより「カルボナーラ(パスタ)」を想像するといいと思います。衝撃的であります。

ニューオープン!天下一品東川口店に行って来ました。

さいごに

いった事はあるけど記事にしていないお店、これからいくつもりのお店、ちょっとずつ更新していこうと思います。いまの所、東川口にあるラーメン屋さんは制覇するつもりであります。かなりの時間がかかりそうですけどね(笑)

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする