アイボリーを使う!温かみのあるネイルデザインの紹介です。

アイボリーは温かみがあり、ポイントに使うと全体が柔らかい、優しい印象になります。「思い切ったカラーを軸に使いたいけれど、強くなり過ぎてしまわないか心配」という時は、アイボリーをいれてあげると中和されるので、チャレンジしやすくなりますよ。

そして、真っ白は「清潔感のある爽やかな印象」になるカラーではありますが、どうしても日数が経つにつれ、汚れが目立ってしまうことがあります。特に夏場は、紫外線や喫煙などの影響で、黄ばみが目立ってしまいます。

汚れが気になってホワイトのカラーはできない。という方は、アイボリー系のホワイトをオススメします。アイボリーは元からやや黄ばみかかったホワイトなので、日数経過による黄ばみが目立ちませんよ。

ワンカラー猫のシルエットアート

1603152

お久しぶりのネイルで、猫がお好きなお客様です。水色を使いたいけれど、全部の指だとなぁ・・・。と悩んでいらっしゃったので、差し色にアイボリーをオススメしました。

ベースデザインはワンカラーです。

ニャンコのシルエットアートは、同じアイボリーのカラーで統一感を出しています。ブルー系のブリオンパーツを、猫の首輪に見えるように配置しました。歩いていったような、足跡のアートも描きましたよ。

よく「ストーンは取れてしまったり、ひっかかりますか?」とご質問を頂くのですが、トップコートでしっかり埋め込むので、ひっかかりや取れるという事は、本当に稀なことです。ご安心ください!

好きな物を取り入れると、ネイルが更に楽しくなりますよね。

オーダーメニュー

ワンカラー(ブルー)+色追加(アイボリー)+猫アート+ストーン

シンプルなワンカラーネイル

1603151

他店でつけたネイルのカラーが少し派手だったので、付け替えをしたい。というお客様です。

昨日の今日で付け替えをすると、どうしてもお爪にダメージがでてしまうので、通常の付け替え時によるアセトンオフではなく、カラーのみを削って除去し、ベースジェル一層分を残してチェンジするという方法をとりました。フィルの手順とほぼ同じ要領です。

カラーを落ち着かせたいが、季節感もだしたい。どこかにアートやストーンを入れたい。という事でしたので、秋・冬大活躍の「グレージュカラー」と「クラッシュシェルのフラワー」をオススメしました。

採用頂けたので、ストーンもハートに見えるように配置しました。ストーンを置く前に、ラメカラーで下地を描いてあげると、ストーンとストーンの間の隙間が気にならずに、キラキラ感もアップになります。

ストーンを敷き詰めをやってみたい方や、今回のハートに見えるような配置にしたい方は、ラメカラーと覚えておいて下さいね!

オーダーメニュー

ワンカラー(グレージュ)+アイボリー+シェルお花+ストーン

さいごに

アイボリーを使った温かみのあるネイルデザインの紹介でした。好きなアートを取り入れたり、ラインストーンを敷き詰めて見たり、自分だけのデザインを楽しんで下さいね。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする