お花アートが可愛い!ワンカラーネイルデザインの紹介です。

ワンカラーは他のデザインに比べて、アートを描ける面積が大きいというメリットがあります。複数の模様を入れてみたり、大胆に大きな柄を入れてみたり、工夫次第で様々なデザインが楽しめます。

今回は、ワンカラーのアート。中でも「お花」アートに焦点を当てた記事です!

クラッシュシェルフラワーネイル

1603111

アシンメトリーと、色の中間色がお好きなお客様です。

冬の代表カラーと言っていい、ネイビーとボルドーカラー。どちらか選べないので、両方いれてみたら変かな、それと、こういうお花を入れてみたい(画像を見せて頂きました)。とのご要望です。

画像は、花びらの部分がクラッシュシェル(貝殻に色をつけて砕いたネイルの材料)と、柔らかいカラーを茎に見たてて使った、スイートピーのような花びらです。

ネイビーとボルドーを両方取り入れるために、右手・左手をそれぞれ、ネイビー系とボルドー系のカラーに分けました。アシンメトリーがお好きなお客様なので、カラーがかぶらないように塗布しています。トーンが一緒で、相性の良さそうな中間色を選択したので、一見派手に見えますが、全体のバランスはよくまとまっています。

お花アートの指は、ホワイト系をベースカラーにしています。落ち着いた感じがあり、水彩画のようにも見えますね。

個性を味方につけた可愛い仕上がりになりました。お花アートも素敵ですね。

オーダーメニュー

ワンカラー(ネイビー、ボルドー)+色追加(ブルー系、レッド系)+シェルお花アート

オーロラホイル大胆フラワーネイル

1603112

お客様ネイルではなく、こちらは私がつけていたネイルです。

アナと雪の女王を見て「こういう感じのデザインをやりたいな」とざっくりですが思いつきました。

氷の中に咲くお花が可愛いのではないかと思い、キラキラのホワイトカラーの上に、更にオーロラフィルムをかけています。氷のような、ガラスのような、感じを表現しました。

大きめのお花は、他の指に使用している「ホワイトとブルー」のカラーを使い、統一感をだしました。

大胆だけど控えめなネイルに仕上がりましたよ。

オーダーメニュー

ワンカラー(ホワイトシルバー)+色追加(ブルー)+オーロラホイル+お花アート

さいごに

お花も色々な種類があるので、組み合わせ次第では、まだまだ新しく可愛いものが作れる思います。自分だけのオリジナルデザインを考えることも、ネイルの醍醐味だと思うので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする