流行中の人気デザイン!おフェロネイル・チークネイルの紹介です。

おフェロネイル・チークネイルは、去年登場した新しいネイルデザインです。

おフェロとは「おしゃれ」+「フェロモン」の造語で、お化粧のチークの塗り方が可愛くて色っぽくみえる。血色がよく見える。と話題になり、ネイルデザインにまでなりました。

今回は、そんな流行中の人気デザイン。「おフェロネイル・チークネイル」を紹介したいと思います。

王道チークネイル

1603081

チークネイルをやってみたいとオーダーを頂きました。

ベースにはラメなどが入っていない、マットの肌色を使用しています。チークを表現しているピンク色の部分は、シースルーカラーを使用しました。

最もポピュラーで、王道のチークネイルと言っていいデザインです。

オーダーメニュー

チークネイル+おフェロネイル

パープルとレッドを使ったチークネイル

1603082

美容師さんをされているお客様です。飽きっぽいので、色々なデザインをとりいれたい。ぷっくりもやってみたい。爪の白い部分が見えないようにしたい。とのオーダーを頂きました。

やや透け感のあるホワイトをベースにしています。先端をパープルとレッドのチークネイルに。それぞれの色が、交互に来るように塗布しました。そして、シンプルになりすぎないように、ラメと星のホログラムをのせてアクセントにしています。

写真では確認しにくいかもしれませんが、シースルーレッドで色を重ね「ぷっくり星」を作っています。

美容師さんということで、指先をよく使うことになります。若干ですが、トップを厚めに仕上げました。

チークネイルの王道はピンク・レッドですが、それ以外の色を使っても可愛いデザインが作れます。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

オーダーメニュー

ワンカラー(ホワイト)+おフェロネイル、チークネイル+星ホログラム

アクセントにチークネイルを使ったデザイン

1603083

爪が伸びた時が気になるので、根元はクリアなデザインがよい。お仕事柄派手なカラーは出来ない。というお客様です。

ベースには「肌なじみのよいピンクベージュ」のカラーを採用しました。

右手・左手薬指にだけおフェロネイルを。アクセントとして使っていますが、色を濃くし過ぎてしまうと、この部分だけ目立ってしまうので、やや薄めに塗布しています。

ラメラインは「ゴールドシルバーMIX」を使用しています。上品にさり気なく、キラっと光ります。雪の結晶をのせて、季節感もだしていますよ。

さいごに

チークネイルはベースの塗り方を「逆フレンチ」にしても「クリア」にしても、可愛く仕上がります。ベースカラーを工夫することで、色々な雰囲気も楽しめるので、ぜひ挑戦してみて下さいね。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする