【サザエさんネイル】磯野サザエを作りました!「できるまで」を紹介します

日本の国民的アニメ「サザエさん」をネイルにしました。原作は、新聞連載(作者・長谷川町子)の四コマ漫画です。以前「できるまで」の記事として紹介した「アタシんち」も、原作は新聞連載ですよね。四コマ漫画は、アニメ映像化しやすいのでしょうか。

【あたしンちネイル】お母さんとお父さんを作りました!「できるまで」を紹介します

サザエさんは、1969年にアニメ放送されました。47年続いている長寿番組ですね。毎年夏には、27時間TV(フジテレビ)で現実世界に実在する出演者が、サザエさんの世界に入るという、コラボレーションストーリーもお馴染みになってきています。

オープニングの曲中で、サザエさんが全国の観光地をまわる演出と、登場人物の着ている洋服が、地味に毎回違うんですよ。制作スタッフさんのこだわりですね。

意外と楽しみにしています(´,,•ω•,,)

そして、国民的アニメならではのものでしょうか「サザエさん症候群」という病名まで存在するそうです。これは、日曜日(18:30~19:00)サザエさんを見た後に、また翌日から仕事や学校が始まるという「現実を実感して憂鬱」になり、体調不良や倦怠感に襲われる症状の事をさすとの事。

確かに、ちびまる子ちゃんとサザエさん見た後は「学校やだなー」って思いましたね。やっていなかった宿題の存在を思い出してしまったり(笑)

サザエさんは、東京都世田谷区にお家がある設定で、桜新町駅を降りると、サザエさんの銅像や、作者である「長谷川町子美術館」、公式カフェ「リアン・デ・サザエさん」もあるそうです。

サザエさんカフェ行ってみたいです(´,,•ω•,,)

カフェならではの、カップやコースターも販売しているそうですよ。

しかし、世田谷の一軒家。庭付きのあの広さ。サザエさんのお家って、お金持ちなんでしょうか?ちょっと生々しいので、これ以上は辞めておきます(笑)

そろそろ、本題であるネイルのコーナーに移りましょう。作成経過の画像を載せながら、のんびりと「できるまで」を紹介したいと思います。

磯野サザエネイル

キャラクターネイル・痛ネイルの材料は、すべてカラージェルを使います。発色をよくするため、ホワイトのジェルで事前にワンカラーを塗った所からスタートです。

番組のエンディング。次回予告後の、ジャンケンポーズを作ります。まずは、ジャンケンパネルを作り、続いて、肌のカラーを塗ります。

1602201

ブラックのカラーで髪の毛を描きます。顔の輪郭、洋服のラインを描いた後、ホワイトのカラーでチョキマークを作ります。

1602202

洋服に色を付けます。ブラックのカラーでチョキの外枠をなぞりました。

1602203

顔の中身(パーツ)を描きます。弱くなってしまった部分を、補強のためなぞります。

1602204

トップコートを塗ったら完成です。

1602205

「じゃん、けん、ぽん!うふふふふ」

さいごに

背景を変えて撮影しました。

【サザエさんネイル】磯野サザエ

お馴染みのシーンです。ただ、用意した背景が、少し雑だったかも知れません(笑)

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

※痛ネイルのまとめ記事を作りました。60キャラクターを紹介しています。よかったらこちらも覗いてみて下さいね。

痛ネイルとは、他人の視線を気にせず全力で楽しむものだ!【まとめ】

スポンサーリンク

シェアする