【忍たま乱太郎ネイル】ヘムヘムとしんべえを作りました!「できるまで」を紹介します

1993年から放送されているTVアニメ(NHK)「忍たま乱太郎」。平日は毎日放送されているので、学校から帰ってきて、夕飯を食べる前に必ず見ていました。原作は、尼子騒兵衛による漫画作品「落第忍者乱太郎」です。児童書、アニメ、実写映画化もされ、話題になりましたね。

お馴染みの主題歌である「勇気100%」は、私が小学生の時は「光GENJI」が歌っていました。その後「Ya-Ya-yah」→「Hey! Say! JUMP」→「NYC」→「Sexy Zone」とジャニーズで引き継がれ、世代交代しているようです。地味に年齢バレする話題ですね(笑)

登場キャラクターがどれも個性的です。ネーミングセンスも奇抜で「冷えた八宝菜」ですよ。インパクトが強めです。覚えやすいからこそ、子供達に人気なんですかね?

うーん、冷えた八宝菜(´,,•ω•,,)

頭で鐘を鳴らして時刻を教える、学園長の相棒「ヘムヘム」。どうして犬なのに「ワン」ではなく「ヘムヘム」と鳴くかご存知ですか?ちょっとした豆知識を披露します。

学園長に拾われたヘムヘムは、とても懐いて傍から離れなくなってしまいました。しかし、ワンワン鳴くと、忍び込む時に犬がいるとバレてしまうので「ワンとは鳴かないでくれ」と、学園長に怒られてしまいます。そこで、頑張った結果「ヘムヘム」と鳴くようになりました。

このエピソードをを見て「なんて健気なんだ!」と思った記憶があります。ちなみに、ヘムヘムを拾った時の学園長は、だいぶ若かったはずなので、可愛らしく見えるヘムヘムも、かなりの老犬だと思います。

いつも通り前置きが長くなってきたので、ネイルのコーナーに移りたいと思います。今回は「ヘムヘム」と「しんべえ」を作りましたよ。作成経過の画像を載せながら、のんびりと「できるまで」を紹介したいと思います。

ヘムヘムネイル

キャラクターネイル・痛ネイルの材料は、すべてカラージェルを使います。発色をよくするため、ホワイトのジェルで事前にワンカラーを塗った所からスタートです。

忍者のかぶり物(頭巾?)を入れたかったので、全体のバランスを考えつつ、耳から描き始めました。

1602171

アイボリーのカラーで顔を塗ります。そして、頭巾の色も。両方とも2度塗りをしましたよ。

1602172

薄くなってしまったラインを、補強のためなぞります。顔の中身(パーツ)を描き、影をつけました。

1602173

トップコートを塗ったら完成です。

【忍たま乱太郎ネイル】ヘムヘム

「へむへむ」

続いて「しんべえ」に移ります。

しんべえネイル

こちらも、発色をよくするため、ホワイトのジェルで事前にワンカラーを塗った所からスタートです。

丸っこいフォルムが印象的です。チョンマゲも外せませんね。全体のバランスを考えながら、枠取りを描いていきます。

1602175

カラー同士が重ならない個所である、髪の毛、眉毛、頭巾、肌を塗ります。

1602176

ホワイトのジェルで、洋服と頭巾に柄を描いていきます。

1602177

顔を作ります。

1602178

トップコートを塗ったら完成です。

1602179

かわいいです(´,,•ω•,,)

さいごに

並べて2ショットです。

【忍たま乱太郎ネイル】ヘムヘムとしんべえ

放送していると「ついつい見てしまう」アニメってありますよね。

のんびりとした作品も好きです(´,,•ω•,,)

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

※痛ネイルのまとめ記事を作りました。60キャラクターを紹介しています。よかったらこちらも覗いてみて下さいね。

痛ネイルとは、他人の視線を気にせず全力で楽しむものだ!【まとめ】

スポンサーリンク

シェアする