【あたしンちネイル】お母さんとお父さんを作りました!「できるまで」を紹介します

1994年、読売新聞日曜版の連載から始まりました。「あたしンち(作:けらえいこ)」過去には、コボちゃんの入学を記念して「あたしンち」と「コボちゃん」がコラボレーションした事もあったそうですよ。

「あたしンち」を知らない方に向けて、ざっくりと説明をしてみたいと思います。登場するキャラクターは、主に「タチバナ家」の面々です。

  • 陽気で大雑把、そして節約家なお母さん
  • 無口でマイペースお父さん
  • オクテでドジなお年頃の高校生みかん
  • シャイでナイーブな中学生、弟のユズヒコ

ここに、お母さんの友達やみかんの同級生など、これまた個性的な面々が参加します。ストーリーは、一般的な日常生活を描いたもので、笑いあり、時に感動ありの「ほのぼのとした作品」です。

名物キャラクターであるお母さんは、大雑把で、むちゃブリが多く、突拍子もない行動をとり、家族が気の毒になったりもしますが、なんだか憎めないんですよね。妙な親しみがあります。

そうそう、以前にキャラクターネイルの「できるまで」でも紹介した。

【らき☆すた】柊つかさネイル(巫女)の「できるまで」と鷲宮神社の話

テレビアニメ「らき☆すた」の第3話において、酔っ払いとして「タチバナ家のお父さん」がゲスト出演をしていたりします(笑)

2015年10月からは、アニマックスにて完全新作「新あたしンち」も放送されているので、気になる方はチェックしてみて下さいね。公式サイトはコチラです。

そろそろ、ネイルのコーナーに移りましょう。今回は「あたしンち」から、お母さんとお父さんを作りましたよ。作成経過の画像を載せながらのんびりと、「できるまで」を紹介したいと思います。

お母さんネイル

キャラクターネイル・痛ネイルの材料は、すべてカラージェルを使います。発色をよくするため、ホワイトのジェルで事前にワンカラーを塗った所からスタートです。

いつもは、ブラックのカラーで輪郭を描いてから、色を塗るという手順ですが、今回はやり方を変えています。肌の面積が多いので、ムラを防ぐため、肌のカラーを先に塗ってしまいました。

お母さんの特徴でもある、おデコを描きます。

1602101

髪の毛と目を描きます。描くというより、塗るという感覚です。お母さんのタラコ唇も特徴的なので、目立つようにしっかり作りました。

1602102

眉毛や目の中など、細かなパーツを描きます。続いて、ブラックのラインで輪郭をなぞりました。

1602103

トップコートを塗ったら完成です。

【あたしンちネイル】お母さん

「♪情熱の赤いバラ~♪」

タチバナ家の大黒柱「お父さん」に移ります。

お父さんネイル

こちらも、発色をよくするため、ホワイトのジェルで事前にワンカラーを塗った所からスタートです。

お父さんの肌のカラーは、赤みがかかった地黒なので、肌色に赤みがかった茶色を混ぜて、専用のカラーを作りました。

ライン取りからではなく、お父さんの輪郭になるようにカラーを塗ります。

1602105

鼻の下が特徴的ですね。しっかり作ります。髪の毛とメガネもここで描きました。

1602106

メガネを塗ります。細かなラインの微調整もかけました。

1602107

写真が微妙な感じに・・・。

トップコートを塗ったら完成です。

【あたしンちネイル】お父さん

「んちっ」

お父さんの口癖です。お母さんは、これを聞くだけ「お父さんの機嫌がわかる」ようです。

さいごに

2人ならべてツーショットです。

【あたしンちネイル】お母さんとお父さん

おしどり夫婦(?)ですね(´,,•ω•,,)

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

※痛ネイルのまとめ記事を作りました。60キャラクターを紹介しています。よかったらこちらも覗いてみて下さいね。

痛ネイルとは、他人の視線を気にせず全力で楽しむものだ!【まとめ】

スポンサーリンク

シェアする