【アンパンマンネイル】こわいですねー、おそろしいですねー、ホラーマンですねーの「できるまで」

やなせたかし原作のアンパンマン。絵本からアニメになり、今も愛されているアンパンマン。皆さん、作者やなせたかしさんが託したメッセージをご存知でしょうか。アンパンマンの遺書という本があり1部抜粋します。

正義のための戦いなんてどこにもないのだ。正義は或る日突然逆転する。正義は信じがたい。

逆転しない正義とは献身と愛だ。それも決して大げさなことではなく、眼の前で餓死しそうな人がいるとすれば、その人に一片のパンを与えること。

自分はまったく傷つかないままで、正義を行うことは非常に難しい。

これがアンパンマンへと繋がったのですね。私達は本当の「飢餓」というものを体験した事がありません。戦争を体験した彼だからこそ、生まれたキャラクターなのだと思います。

ここまで、アンパンマンが生まれたエピソードを書いておいてなんですが、「ホラーマン」を作りました(汗)

ホラーマンは、いわゆる流れ者ですが、実は「貴族」の出身なんですよ。そのストーリーもあるので、気になった方はチェックしてみて下さいね。

それでは「ホラーマンネイル」に移りましょう。作成経過の画像を載せながらのんびりと、「できるまで」を紹介したいと思います。

ホラーマンネイル

キャラクターネイル・痛ネイルの材料は、全てカラージェルを使います。いつもなら発色を良くするために、ホワイトでワンカラーを塗ってからのスタートですが、ホラーマン自身が白色なので、今回は手順を変えて作成をしました。

まずは頭・・・いや、頭蓋骨と言うべきでしょうか。頭蓋骨の輪郭と、洋服を描いていきます。

1601271

いつもの「ホワイトでワンカラーを塗ってからのスタート」だと、こんな感じになります。

1512191

【ゲゲゲの鬼太郎】目玉の親父ネイルの「できるまで」

目玉の親父といえば、入浴している姿が実に愛くるしいので、茶碗と目玉そしてタオルを描きます。

ホラーマンに戻ります。ホワイトのジェルで塗りつぶしをします。

1601272

顔の中身を描いていきます。特徴的な紫色の洋服も塗りました。

1601273

シンプルなキャラクターなので、あまり工程を踏む必要がありませんね。線が弱くなった箇所をなぞり、トップコートをかけたら完成です。

【アンパンマンネイル】こわいですねー、おそろしいですねー、ホラーマンですねー

こわいですねー、おそろしいですねー、ホラーマンですねー。

さいごに

ホラーマンはハートが強い。あの見た目でポジティブって反則ですよね。

あの見た目だから強くなったのかな(´,,•ω•,,)

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

※痛ネイルのまとめ記事を作りました。60キャラクターを紹介しています。よかったらこちらも覗いてみて下さいね。

痛ネイルとは、他人の視線を気にせず全力で楽しむものだ!【まとめ】

スポンサーリンク

シェアする