【くまのプーさん】水彩画風ラクガキ!プーさんネイルの「できるまで」

「くまのプーさん展」がやっていますね。

世界中で愛されている「くまのプーさん」にフォーカスした初の企画展。魅力と歴史を語る初公開作品など、約350点を展示。

全国を巡回予定で、12月27日までは大阪で開催しています。

英語表記だと「Winnie-the-Pooh」なんですね。なんだかこっちの方がかっこよく思えます。

英語マジックですか(´,,•ω•,,)

「くまのプーさん」の住人達は、個性豊かで可愛いです。マイペースなキャラクターも多いので、クリストファーロビンは皆をまとめるの大変そうです。同じ世界に住んでいたら、すごく癒されそうだけど、イラっとくることも多そうですね(笑)

かなり昔ですが「ディズニーマジックキャッスル」という、3DSで出ているゲームに一時期ハマりまして(おそらく、最近2がでました)、プーさん達と一緒に畑を耕していました。アイテムやカードを集めたり、コスチュームを作ってトータルコーディネートしたり、バトルもありシナリオもあるので、大人から子供まで楽しめるゲームです。ディズニーファンの方には、ぜひオススメです。 またゲームの話になっちゃいましたね(ネイリストになる前は、ゲームショップの店員でした。これ書くの何回目だろう)。

さて、以前にも水彩画風タッチでディズニーキャラクターネイル(アリエルとスティッチ)を作りました。

【スティッチ!】水彩画風ラクガキ!スティッチネイルの「できるまで」

【リトルマーメイド】アリエルネイルの「できるまで」

気になった方は覗いてみて下さいね。

透明感があり繊細ながらも、少しラフで子供のラクガキの様なタッチに魅力を感じ、もう少し色々なデザインを作ってみようと、今回は「くまのプーさん」に挑戦してみました。

それでは、作成経過の画像を載せながらのんびりと、「できるまで」を紹介したいと思います。

プーさんネイル

キャラクターネイルの材料は、すべてカラージェルを使います。発色をよくするため、ホワイトのジェルで事前にワンカラーを塗った所からスタートします。

顔や洋服、大体のイメージを描いていきます。水彩画風なので、線の太さが均一にならないよう、ラインに強弱つけます。

1512231

クリアのジェルで薄めたカラーを使い、顔と洋服を塗ります。

1512232

前の工程で薄めたカラーに、元のカラーを少し足して、色の強弱がでるように塗布します。

1512233

線が中途半端になってしまった部分を補強のためなぞり、トップコートを塗ったら完成です( ^^ )/

【くまのプーさん】水彩画風ラクガキ!プーさんネイル

僕は、何もしていないをしているのさ。

さいごに

せっかくなので、今まで作った水彩画風キャラクターと写真を撮りました。

1512235

愛されるキャラクターって、どこかゆるい感じがしますよね。これが人気の秘訣でしょうか。

ゆるキャラブームの原点はディズニー?(´,,•ω•,,)

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました。

※痛ネイルのまとめ記事を作りました。60キャラクターを紹介しています。よかったらこちらも覗いてみて下さいね。

痛ネイルとは、他人の視線を気にせず全力で楽しむものだ!【まとめ】

スポンサーリンク

シェアする